プロバイダーでネットの速度はぜんぜん違う!最も速いプロバイダは?

最速プロバイダー

未分類

Bフレッツ光で安くて速い最強プロバイダ

更新日:

Bフレッツ光で速いプロバイダ

2017年3月時点、Bフレッツ光で最も速く・しかも安いプロバイダーは、フレッツ光v6プラス【GMOとくとくBB】

フレッツ光ネクストは、通信速度の上限を下り最大200Mbps(100Mbpsの場合も)に制限されています。V6プラスに切り替えると、理論上の上限数値が200Mbps → 1Gbpsと約5倍のスピードアップ!

5倍速のアドバンテージは大きいです。
原付バイク(原動機付自転車)って最高速度が60kmくらい出ますね。その5倍の速度だと300km出るわけです。つまり、原付バイクとフェラーリくらいの違いがあるってことです。(法定速度とか関係なく・・・。)



フレッツ光V6プラス、速さの秘密

プロバイダ変更で速度が早くなる仕組み

インターネットにおける光通信のスピードは、転送速度だけに注目すると、もっと速いスピードが出るんです。しかし、既存回線ではプロバイダ(IPS)部分でアクセスが集中して、さばききれない状態です。

通勤ラッシュ時の山手線をイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。電車は走り出してしまえば一定のスピードを出すことができます。しかしホームには電車に乗りたい沢山の人が集中してしまって、乗り切れない状態です。

「v6プラス」は、NTT東日本・NTT西日本が提供する「次世代ネットワーク(NGN)」をアクセス回線として、従来の接続方式である「PPPoE接続」ではなく、IPv6にもIPv4にも使える「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」にてインターネット接続機能を提供いたします。

フレッツ光ネクストの網内(NGN)は1Gbps以上が出る構成となっていますが、フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプでは、「PPPoE接続方式」に対してはNGN側で下り最大200Mbpsの帯域制限をかけています。一方で、 「IPv6 IPoE接続方式」に対してはNGN側で帯域制限をかけていないため、アクセス回線区間のスペックである下り最大1Gbpsになります。

GMOとくとくBBの「v6プラス」の場合、「IPv6 IPoE接続方式」で提供するIPv6ネットワーク上に、トンネリング方式によってIPv4通信をおこなうため、IPv6ネットワーク上でIPv4のインターネットアクセスも可能となり、IPv6およびIPv4インターネット接続共に下り最大1Gbps※での通信が可能となります。

→ IPv4とIPv6の違いは、日本ネットワークインフォメーションセンターのページが詳しいです。

速くて安いプロバイダ V6プラス

フレッツ光の速いプロバイダV6プラスは安い

GMOとくとくBBの「v6プラスは、Wi-Fiルーターレンタルサービスが無料でついてきます。
月額料金991円でフェラーリに乗れるってメッチャ安くないですか?

  • しかも初月無料!
  • さらに初期費用も無料!

991円で乗れるフェラーリ → フレッツ光v6プラス【GMOとくとくBB】

下は、一般的なフレッツ光のプロバイダー料金です。価格コムさんから引用させていただいております。(2017年2月時点)

フレッツ光のプロバイダー料金
【参考】価格.comフレッツ光料金比較より



1位
関東地方ならNURO光 無双

  • 関東地方の戸建てなら最強・最速
  • 自宅のWi-Fi機器も無料でレンタル
  • セキュリティソフトも完備
  • 安いうえにキャッシュバックキャンペーン
  • ソフトバンクユーザーはセット割引



フレッツ光で速い・安いプロバイダ

  • ベストエフォート200Mbps → 1Gbps
  • その差5倍!まるで原付き VS フェラーリ
  • 新技術IPv6の採用
  • しかも安い 991円!
  • Wi-Fi機器込み


特定商取引法に基づく表記

-未分類

Copyright© 最速プロバイダー , 2018 All Rights Reserved.